工事写真撮影・整理について

 現場業務にご多忙な現場職員の皆様に代わり、工事現場の正確かつきめの細かい工事記録写真を撮影し、全行程の経緯が把握できる編集を行います。現場の撮影頻度に合わせ「常駐勤務」と「スポット勤務」の2種類の形態をとっておりますが、いずれの場合も工事内容とその工程を的確に把握し、施工工程の証明に最適な工事工程記録写真を撮影できるよう心がけております。

撮影内容

・誰が      施工者、立会者、管理者など

・いつ      時期、工程、是正の前後等

・何処で     場所(棟・階・工区・通り芯)、部位等

・何を      工事種目、分類

・何のために   規格、表示マーク、寸尺定規等

・どのように   施工状況等

 上記の工事過程を識別できるようにするため、工事内容の記載表示板や寸尺定規等が読み取れるように移し込んでいきます。なお、施工工程や内容に齟齬があることに気が付いた場合には、現場監督にその場で確認し是正の指示を出すなどの処置をとり、少しでも現場管理に協力するよう留意いたしております。

撮影対象工事について

 基本的には建築工事における工事種目全般が撮影・整理の対象となります。工事工程の進捗状況に合致し、しかも工事工程の記録に必要かつ十分な写真撮影、整理を目指します。位下は主な撮影項目となります。

鉄筋工事

 鉄筋施工時の各部位の断面図を記入した表示板を添えた配筋写真が主な撮影項目となります。ほかに各部の継手長や定着長、カットオフ長等特記事項に記された項目も併せて撮影いたします。

 配筋写真のほかに圧接工事における引張試験の供試体採取やUT検査、管理者の立会による配筋検査および是正等、ご要望に応じて撮影いたします。

鉄骨工事

 弊社は鉄骨工事全般の撮影に対応しています。高力ボルトの締め付け手順撮影はもちろん、溶接や溶接前の余熱状況、溶接後のUT検査状況等も撮影いたします。

 ほかにもアンカーボルトの設置状況、鉄骨建て方状況、縦入れ確認状況等あらゆる写真撮影に対応しております。